ロゴの2D→3D→応用

(株)ドサナイテの得意技はデザインの応用力にあります。

例えばロゴを作成して、

スクリーンショット_2013_02_06_15_56

 

名刺に配置したとします。こちらの名刺の場合いわゆるガテン系用途なので、

「インパクトドライバーなみに、ロゴもインパクトを出して立体にしませんか」と客さまに尋ねたとします。すると、おお、面白そう、という反応。さらに、

「そしたらビス留めにしたい!」というご要望も返ってきました。

自ら上げたハードル、さぁ、どうする?!

もちろん答えは「やっちゃいましょうか」。

ということで、まずロゴを立体に起こします。

botsu

このような立体化はもしかしたらそれほど難しくないのかもしれません。

しかし、実際問題難しいのは傾斜をかけて前後左右に動かしてみることですよね。

SKlogo1

この角度か。いや、違う。

SKlogo2

こうでもない、ああでもない。悩んだ末に、

SKlogo4

この角度で決定。ビスを留めたら・・・・

スクリーンショット_2013_02_06_16_03

こうなりました!

ロゴの2D作成→それの3D化→さらに応用まで、幅広くご要望を賜ります。

 

記事公開日: 2020年03月21日
最終更新日: 2020年03月12日

Copyright(C) 2020 株式会社ドサナイテ All Rights Reserved.