Sigma fpとiPad Proの親和性について

2019年10月25日に発売されたSigma fpをドサナイテは採用しています。
今回このカメラの特徴であるポケッタブルさをPad Proとの親和性で語ってみます。

フルサイズ画像を、iPadでRAW現像できる

△USB-C採用なので、iPadへの画像取り込み、そして電源offにすることで、iPad「からの」給電が可能になりました。

Sigma fpの躯体が四角で小さい、というお話はすでに色んなレビューに既出です。曽我が驚いたのは、USB-Cで接続が可能という便利さでした。

ちょっと待てよ。USB-Cで画像取り込みや、給電ができるってことはiPad Proとの相性がいいはず。折りしもiPadOSが更新されており、ファイルから画像の取り込みが可能なはず・・・ということで、早速iPad Proへと画像取り込みをしてみました。

これが大正解でした。つまり、

  • iPad Pro「へ」画像を直接送ることができる。そして、それが終わったら、
  • iPad Pro「から」そのUSB-Cのコードを繋いだまま給電ができる!のです。

これが実現できるなら、なんとSigma fp と iPad Proという軽装で、外出先でiPad内のLightroomによりフルサイズのraw現像が出来ることになるのです。

△レンズキット、Contemporary S45mm F2.8 DG DN の玉ボケが美しい。

一般的な画像取り込みの流れ

通常使いでの画像の取り込みから、その充電までが非常にシンプルです。 

  • 撮影が終わったら、USB-CコードをiPadに繋ぐ。
  • USB-Cコードを通じて、iPadへと画像を取り込む。
  • 画像が取り込み終わったら、Sigma fpの電源をオフにする。
  • iPad側から、Sigma fpへ電源が流れ出す合図のグリーンランプが点灯する。
  • そのまま充電させておき、次の撮影に備える。
  • iPadのLightroomにて現像作業をしている間に、充電完了する。
  • 内部の画像削除して、バッテリー満充電にて次の撮影に備えることができる。
    つまりフルサイズの画像編集をMacを減ることなく、iPadで完結できます。
    Apple Pencilでのスライダーを移動させての作業は非常に快適です。 

作例集

作例集です。こつこつと色んな条件の作例を集めていきます。

△Contemporary S45mm F2.8 DG DN ISO 100。シャープな色味がいいですね。 
△Contemporary S45mm F2.8 DG DN ISO 100。背景の玉ボケ。やや檸檬型ですが、美しいです。
△Contemporary S45mm F2.8 DG DN ISO 100。縦構図は描写が稠密です。
△Contemporary S45mm F2.8 DG DN ISO 100。紅葉の色合いがきれいです。

お問い合わせはこちら

Sigma fpとiPadの親和性について皆様からのご意見をお待ちしております。

記事公開日: 2019年11月08日
最終更新日: 2019年11月13日

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 株式会社ドサナイテ All Rights Reserved.