パノラマ画像考察

ご挨拶


△構図と光とパノラマの幅。難しいが挑戦する価値あり。

デザインの現場から、ウェブ作成する場合、バナー広告が大勢を占めます。
例えば、
https://pixta.jp/photo/29891166
の画像は、実際に使われると、
http://www.sophia-mito.com
の下の画像のように横に切り取られてしまいます。

PIXTA内での検索結果

PIXTAで「パノラマ ビジネス」を検索して、人物で絞り込んでみても、
http://bit.ly/2D7PYsU

日本人の写真は殆どないですよね。
つまり、定番といわれるビジネスにおいてさえ、広いオフィスのパノラマ人物画像はないことになります。

縦型パノラマ

一方縦型のパノラマも人物ありは殆どないですね。
https://pixta.jp/photo/385816

のような風景が少しあるだけです。
スマホの広告を考えると、空に広く抜けた人物は需要が高いです。
参考: http://yahoojp-video.tumblr.com/post/164467347037/20170822

結論

1枚のフレームに心血を注ぐカメラマンとは違って、ビジネスマインド重視のフォトグラファーにはパノラマ画像にチャンスあり

Lightroomからパノラマを選べば、自動で作成してくれるので、
現場でのパノラマ構図に習熟すれば、まだまだ勝負できるはずです。



△パノラマはただソフトで合成すればいい、というものでもない。そこが難しい・・・

記事公開日: 2018年01月12日
最終更新日: 2018年02月16日

Copyright(C) 2019 株式会社ドサナイテ All Rights Reserved.