在宅勤務でサボりまくり? でもお腹の肉はどうしよう。

ProfotoのA1/A1Xのオフカメラの使い方についてまとめています。

とにもかくにもTTL

私はProfotoのA1とA1Xを一灯ずつ、計2灯もっています。

A1/A1Xの最大の特徴は「とにもかくにもTTLで撮影してみて、その後マニュアルに切り替えて調光すれば、ストロボを使いこなした気になる」という便利さにあります。

ところが、一通りの撮影を終えて、もっと自由自在に光を操りたいと考えたときに、ふと立ち止まることになります。カメラ側につけるconnectorがシンプル過ぎる構成であるし、さらにA1/A1Xそれぞれが親機もなれる、という柔軟さにあります。

この記事では、Profoto A1/A1X、connector、モバイルアプリのprofoto、それぞれの連携を考察し、最終的には「A1/A1Xと仲良くなって、自由自在に光を創り出せるようになる」ことを目標にしています。

△半逆光の形で背景から自然光が差す一方、顔の輪郭にリム光が入りました。自然光にチョイ足しのアクセントライト的な使い方が曽我の好みです(モデルご本人の許可を得て掲載)。

A1とA1Xの違い

A1の発売は2017年で、A1Xの発売は2019年です。二年のラグを経て、A1Xは発売されたわけですが、大きな違いが三つあります。

大きな変化はバッテリーにあります。

公式データでは、A1がフル出力で最大350回の発光である一方、A1Xは最大450回とのこと。数字の上では違いがありますが、実際にA1/A1X両方使用してみて、明らかにバッテリーのモチが違いますね。A1ではぐんぐんバッテリー残量が減っていきますが、A1Xは余裕が感じられます。

電圧が高くなり、リサイクルのチャージタイムがA1の1.2秒からなのに対して、A1Xでは1秒とのこと。
この違いは正直分からないですね。もともとストレス無く光を打てるので、どちらであってもラグがありません。

リサイクルチャージタイムのラグがほとんど気にならない点については、フォトグラファーの西田航さんもYoutubeで述べてますので、ご参照してみてください。

二つ目の違いは、ヘッドの首振り部分の改良にあります。

A1ではやや柔らかめのヘッドになっていて、操作がしやすい反面ソフトバウンスなどを装着した場合に、簡単に傾いてしまうという欠点があります。

A1Xではスムースなヘッドの動きに加えて固めの設定になったことで、しっかりとソフトバンスその他アクセサリーを固定して使えます。

△ソフトバウンスを装着するとやや不安定になるA1ですが、ソフトバウンスを装着するときには基本、ソフトバウンスが先。その後にドームディフューザーやカラージェルを取り付けます。その順番さえしっかり守っていれば、ソフトバウンスが風に飛ばされたりすることはありません。

三つ目はもちろん価格が違います。

2020年4月2日の段階で、A1が税込み74580円で大変profotoの割にお求め易く成っている一方、A1Xは138,600円とストロボにしてはなんともびっくりの高価格。ただ、その価値は充分あります。その理由についても今後こつこつ明記していきます。
金額がこなれてきて「A1が買い」である旨の発言を、同じくフォトグラファーの矢沢隆則さんがYoutubeで述べてますので、ご参照してみてください。

光そのものが滑らかに広がる

Profoto A1/A1Xの光の質が違うことについては、敢えて多くを語らなくてもよいでしょう。ストロボとの比較で、出力や色にばらつきが少ないことと、光そのものが滑らかに広がることについては、ことばで説明するよりも作例を乗せる方が分かりやすいですね。


△光の質については、言葉で説明するより、今後動画や作例を用いてご説明いたします。

ここで大切な事実をご指摘します。プロフォトの製品は光量について、一般的なクリップオンストロボで用いられるGN(ガイドナンバー)ではなく、Ws(ワットセカンド)という単位を用いています。このWsに馴染めるかどうか、仲良くなれるかどうかがカギとなります。

アクセサリーを何も装着しない場合の色温度が5500k前後で、GN(ガイドナンバー)で言うなら最大出力30から40と考えてよさそうです。出力は2.0 – 10.0 の9段の範囲で、0.1段のステップ調整が可能です。特に弱い光のときに細かく調整できるのがうれしいですね。

先ほどの西田さんのYoutubeでも、

「96Wsとは、ISO 400までで、シャッタスピード1/200秒で、F5.6ぐらいで、真っ暗な部屋でも人一人ぐらいなら撮れてしまう」西田航さんYoutube PROFOTO A1レビュー【上質なストロボ光】

とおっしゃってます。

基本の使い方 1 TTLの二灯の動き

まず、基本的な設定として、

A1 – TTL
A1X – TTL
Connector – Auto

とすれば、自動で調光してくれます。その際、A1/A1Xともに、同じ出力となります。つまり、A1 5.9とすればA1Xも5.9となります。ここで、

A1 – TTL
A1X – TTL
Connector – manual

としてconnectorのみをmanualにしたら、どうなるでしょうか。この場合、一つ前の調光が5.9であるなら、その設定がロックされます。どのように撮ろうしても、

A1 – TTL – 5.9
A1X – TTL – 5.9

のままステイとなりますが、ここから興味深い展開が待っています。

例えば、A1はTTL設定のままなのですが、ダイアル操作にて、数値を変更することができます。例えば、アクセントライトが強い、という印象があるとすれば、数値を下げていくわけですね。A1の数値を下げて、

A1 – TTL – 2.0
A1X – TTL – 5.9

Connector – manual

という設定にして発光させると、数値はこのままになります。つまり、カメラ側に装着されているconnectorがボスということになり、ボスがmanualなので、設定は全てマニュアルになります。

これはとても便利。まずはconnector – autoに設定してTTL調光しておいて、manualに戻し、適宜ダイアルでそれぞれの設定を変更してあげればOKということです。このTTL調光の数値が継続的に引き継がれる、というのも便利な機能です。まずはざっくりTTLしてみる。そして個別の出力についてはconnector – manualからの個別ダイアルで調整という流れです。

基本の使い方 2 TTLの二灯の動き(クリップオン)

ところで、A1/A1Xは内部にAir remoteが入っています。よって、A1をクリップオンとしてA1Xをオフラインに設定することができます。

A1 – TTL(クリップオン)
A1X – TTL

とすれば、自動で調光してくれるのは同じです。ここで、今度はクリップオンされたA1の設定をTTLからmanualへと変更します。

A1 – manual(クリップオン)
A1X – TTL

すると当然クリップオンのA1のみ数値が変更でき、リモートのA1Xは先ほどの自動調光の数値がステイします。やはりカメラについているものがボス、という概念が同じとなります。たとえ、A1X側がmanualになっていたとしても、

A1 – TTL(クリップオン)
A1X – manual

クリップオン側のA1がTTLであれば、A1Xはその設定に引きずられて数値が変更されます。つまり大原則、

カメラについているものがボス、というルール

があり、厳格に引き継がれていきます。

『実例』D850にconnectを付けて、D500にA1もしくはA1Xを取り付けて撮影


▲D850にconnectを付けて、D500にA1もしくはA1Xを取り付けて撮影します。右下D850で撮影するときには、ボスはD850に搭載したconnectになり、二灯を同時に制御します。

私はNIKON のD500とD850を保持しています。どちらも操作性がそっくりなので、相性のよいコンビです。
ロケーション撮影をするときには、基本この二台持ちで撮影します。

D500はAPS-Cのフラッグシップ。85MMを付けて、望遠に強くしています。
D850はフルサイズで、Sigmaの50mを装着。幅広くポートレートをカバーします。


▲実際にD850を持って、撮影すると二灯が光りますね。

 二灯たきながら、撮影していて望遠の絵が欲しい、となったとします。

その際、D500を持って撮影すると、クリップオンとしてのA1とリモートしたA1Xが光ります。

絵としては次の通りです。


▲D500を持って撮影すると、クリップオンとしてのA1とリモートしたA1Xが光ります。

『実例』二灯で撮影すると日陰でも明るい


▲二灯使った作例です。どんぐりでさえ雰囲気を変えられます。

ロケーションにての撮影時、ストロボが必要となるケースの一つが「ピーカン天気で影が強過ぎるとき」ですね。

日差しがあまりに強くて、影が強くでてしまう。またモデルさんがつらくないように日陰に入ってもらう、というケースがあります。
光が差すのと同じ方面から一灯を入れて、逆に陰を起こすためにレフ版を使います。

Profotoの機材は美容師さんにとっての拘りの鋏

A1/A1Xはストロボにしては高級です。

でも、仕事で利用する機会のある人にとって、ハイアマチュア以上の方々には間違いなく価値のあるものです。

美容師さんが使う鋏は一丁10万以上はして、それぞれ拘りの研師に都度研いでもらっているそうです。切れない鋏でお客様の髪をいじりたくない。

A1Xとは、カメラマンにとっての高級な道具の一つ。

光度にばらつきのあるストロボでお客様の肌を撮りたくない。そんな要望に真摯に応えてくれる拘りの逸品なのです。


▲人物の肌を際立たせるには良質な光がかかせません。

参考にした文献一覧

△A1Xはまだまだ高価ですが、A1なら価格も落ち着いてきました。

柔らかい物腰とお洒落なセンスのライティングに定評があるshun先生の一冊。曽我の理想の撮影方法の一つです。shun先生はProfoto の講師でもいらっしゃいます。

記事公開日: 2020年06月01日
最終更新日: 2020年10月05日

Copyright(C) 2020 株式会社ドサナイテ All Rights Reserved.