土浦 美容室 aldila CREDO

[スポンサー広告]
土浦の美容室aldila CREDO

クライアントに「違い」をもたらすデザイン事務所

デザインの力と、WEB技術によりクライアントに違いを産み出します。その手法とは以下の通りです。

SNS全盛の時代に

この先、自社の売上は肩上がりで確実に成長する、と言い切れる人はいらっしゃいますか。恐らくそうは居ないと思います。良くて現状維持、悪くすると縮小均衡に陥るというお応えが一般的なのではないでしょうか。だって現実的に日本では人が減っている訳ですからね。

どんどん人が増える中で、どの分野も成長が右肩上がりであるという高度成長期は終了し、今は安定期に入っていると見ていいでしょう。成長率の著しいインドや中国とは違って、日本独自のポジションを取ったらいいのです。世界人口だって70億人を突破しているし、日本の少子化って言うのはある意味正当化されるのではないでしょうか。少子化は問題ではなく、ソリューションです。

さて、そうは言っても問題になるのは日々の我々自身の生活。今までのような売り上げがどうやらこの先見込めない現状。不況のときこそ業務変革の機会です。営業ツールとして弊社が提案したいのは、

  • インパクトのある似顔絵名刺
  • ブログ型ホームページ

の二点です。

インパクトのある似顔絵名刺

会社概要ですとか会社案内を作られた方ならお分かりかと思いますが、特殊印刷物は大変費用がかかります。パンフレットを作るのでさえ時間と労力と費用を割かれますよね。ましてアップデートするたびに余分に刷ったものが在庫になるなんて非効率です。
そこで活躍するのが似顔絵名刺。ただの名刺ではなんら変わり映えしないのですが、訴求力のある名刺を(株)ドサナイテがプロデュースするとこうなります。

「表面」

△似顔絵つき名刺
「裏面」

表面裏面を最大限利用しアピールポイントを書き出し、営業の現場でインパクトを残す。そして、自社のホームページに誘います。

デザイン戦略型のホームページ制作

これは弊社のメイン商材であるだけに、アピールしたいポイントが七つあります。

1.自分の思い描いたイメージ通りのHPになっているでしょうか。

→業者のテンプレートに合わせて、型の中で作らされていませんか。

ホームページは会社の顔です。個人のブログと間違われないように会社の顔がアリキタリであってはいけません。その会社がイメージする未来を先取りしており、デザインとしてカスタマイズされている必要があります。

2.イメージ通りになっているとしても、動かせるHPになっていますか。

→更新のたびに業者に頼まないといけないのではないでしょうか。

いくらカスタマイズされているといっても従来の手書きHTMLのみで作成されたHPを一台のパソコンで更新するのは骨が折れます。ましてや会社概要、商品説明をするのにいちいち業者に変更をお願いしているのでは費用もかかるし何しろ時間がかかります。やはり、ブログ型にして自分で更新できないといけませんよね。

3.PC版のHPと、携帯版のHPとが一体になっていますか。

→二つ管理をするようになってしまっていませんか。

更新をかける場合、PCと携帯と二つのサイトが管理できるほどヒマじゃないハズ。スマホ対応は必須です。

4.検索エンジン対策はできていますか。

→無料ブログを安易に外部リンクで作成してませんか。

無料サイトを外につくって、一生懸命更新しているのに自分のサイトのSEOの結果が出ないのでは意味がありません。これでは「ブログを書く時間は失われた上に商機まで失ってしまった」ことになります。SEOはあくまで結果です。独自ドメインによるブログ型HPの更新をその結果に繋げたいですね。

特にgoogleの機能として、順位を上げたり、検索結果から削除したりするものがでてきた昨今、SEOのみのサイトは意味が全く無くなってきました。内部の記述事項による自律的なSEOを構築します。

5.地域のポータルと連動していますか。

→地元の人に足を運んで欲しいのに適切に告知がなされていますか。自分のサイトだけで独立しているとやや心細くありませんか。しかし、4.のように無料ブログを外でやっても自分のサイトのSEOには関係がなくなってしまいます。緩くつながる。地域のポータルサイトにリンクをコツコツ貼るのは有効です。

6.長期にわたってインターネット・パソコン周りのことを相談できるか。

→今後の進歩する業界に安心してついていけるか。

7.顧客に商材をアピールするのではない。物語の中に引き込むことができるか。

→ひたすら商材をアップするのって能がないと思いませんか。SNSの時代になって、やたら増えたと思います。自社商品のアピール連続投稿。今後どんどん新しい技術が導入され、費用的に安くなっていくICT業界ですが、一般の人々にそれが浸透するかどうかは担当者の説明能力にかかっています。

まとめ

ドサナイテのWEB戦略について、概要をまとめます。

  • 不況局面における縮小均衡市場だからこそ、業務の見直しを進めよう。
  • インパクトのある似顔絵名刺で営業し、顔を覚えてもらおう。
  • 自社のHPに顧客と関係業者を取り込もう。
  • 自社のHPは全て自分たちで管理しよう。
  • 地域と繋がろう。ネットを利用して世界にアピールしよう

お問い合わせ

WEB戦略を考えたホームページについて、みなさまからのお問い合わせをお待ちしています。

投稿日: 2018年04月22日

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 株式会社ドサナイテ All Rights Reserved.