動画制作には Screenflow 8 が決め手

動画制作に利用しているScreenflow 8 (=以後SF8)がアップデートされて一ヶ月が経ちました。

目次

SFにはヴァージョン5の頃からのおつき合いですが、今回のヴァージョン8へのアップデートにともない、とても使い易いアプリになりましたので、ご紹介します。

これを購入される対象者は

  • 本格的なプロ動画作成者ではなく、
  • 必要最低限の機能が揃っていて、
  • 画面のキャプチャーをしながら、
  • 動画を発信してみたいMacユーザーさん

ということになりますね。Macのユーザー限定の商品です。

ストックメディアライブラリー

SF8を評価する上で欠かせないのが、ヴァージョン8より導入されたストックメディアライブラリーです。

公式ページの説明によると、50万点を超す音源やヴィデオ、画像・グラフィックのコンテンツがあります。

料金は年間60ドル。つまり月間5~600円のサブスクリプション型です。金額だけ見ると激安ですが、懸念事項は以下の通り。

  • そのクオリティはどのレベルなのか。
  • 今後もそのコンテンツは増えるのか。

ちなみに仕様では、ダウンロードするとローカルホルダーに格納されますね。一年間の限定でダウンロードしまくる、みたいな人が出てくるかも知れない。

月間600円の使い放題はあまりに破格な値段

ストックコンテンツについては、アドビストックやPIXTAなどでもあるわけですが、やはりネックは価格です。

ストックの動画を作るモデルとしての役割もこなしているので、その現場がいかに大変なのかが分かります。

ライトユーザー向けといっても月間600円の使い放題はあまりに破格な値段です。

でもそれがtelestreamさんで実現出来ているのであれば、後気になるのは今後の継続性とクオリティですね。チェックするために一年間課金してみましたので、今後レポートします。

Youtubeに早速アップロードしてみました。

今のところ、Macユーザーの動画発信の最適解、それがSF8です。

記事公開日: 2018年09月05日
最終更新日: 2019年03月15日

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 株式会社ドサナイテ All Rights Reserved.